FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<賃貸併用住宅向けの土地探し>

おはようございます。

今週また本格的な雪が降るかもしれないらしいです。
せっかく、溶けたのにまた積もったら大変だ。

早く、春になれ。(ただし、花粉はいらない。。。。)


昨日、家近くの不動産屋を何件か回ってきました。


目的は賃貸併用住宅の土地探しのため。
既に一部の知り合いの業者さんには依頼をしているものの
なかなか良い物件は出てこないため、


身近な小さな不動産屋さんを中心に回って
良い土地が出てきたら紹介してください。という依頼を行なってきました。


久々の購入意思表示を伝えることを行なってきましたが
やはり面白いですね。 



相当安い価格で土地を探しているため
いかに本気と思ってもらえるかが重要と捉えています。



そこで今回用意していったものは以下

 ・資産表(資産をいくら所有しているかを示し、購入できる可能性が高いと感じてもらうため)
 ・源泉徴収票過去3年分(年収表示 最大でどれだけの借り入れを出来る人なのかを把握してもらうため)
 ・プロフィールを簡単にまとめたもの(どんな人物で、どこで働き、不動産経営の実績など)
 ・どのような土地を探しているのか?

   ・坪単価
   ・土地サイズ
   ・場所:沿線と住所
   ・建蔽率/容積率:60/200%以上
   ・所有権・借地権
   ・道路付け4m以上なお良し。

 
ひとまず、この活動を続けていき、
情報くれた不動産業者さんへはしっかりとリアクションをとっていく。

これをしばらく繰り返していきます。
これを繰り返していく内に良い物件にめぐり合えるはず。。。

スポンサーサイト

「賃貸併用住宅」に興味③

賃貸併用住宅に関しての私の考えをまとめてみました。



前回も伝えましたが

これだけ各社がアピールしているという事は

ハウスメーカーや建築会社視点で

十分なうたい文句になるキーワードになっている

建築会社にとって十分利益となるという事が推測できます。



よって、「じゃあ賃貸併用住宅を建てよう!」と思い立ち、

先ほど挙げたようなハウスメーカーに問い合わせて住宅展示場などへ出向き、

ハウスメーカーの言われるがままに進めてしまうと

戸建て部分+賃貸部分をしっかりと価格として設定されてしまうため

家賃収入は手に入るものの

結局、手だしの借金返済額も戸建てだけで建て時と

変わらない位のものになるケースが多くなるのではと推測できます。



では、どうすれば良いのか?



簡単にいうと以下の3つである。

1. 賃貸されやすい土地を安く購入する

2. 建物を安く建てる。

3. お金を安く借りる。








これらの三つを自分が住みたい場所と思っている地域に建てる。

自分が住みたいと思っている場所は人それぞれ異なると思います。



住みなれたこの場所でないとダメなんだという人や

通勤1時間圏内ならどこでもいいという人、

夫婦それぞれの通勤が30分圏内で

近くに小学校、中学校がある地域でないと

などなどさまざまだと思います。



しかし、賃貸併用住宅の場合は

貸し出す部屋に入居者がついて初めて収入が入ります。

よって、最低限賃貸需要がある地域を選ばなければなりません。



例えば、こだわりの地域があったとして

その場所が駅徒歩30分で

これといって働く場所や学校(事務所や工場、大病院)などもない

という地域だと、いくら賃貸併用住宅を建てたとしても

賃貸用の部屋を貸し出すのに相当苦労することとなることが

容易に想定できるわけです。



当然住みたい地域は重要ですが、

この「賃貸需要がある、家賃が高い」という点も考慮することが極めて重要です。



次回から一つずつ掘り下げていきたいと思います。



「賃貸併用住宅」続き②

続き。

とはいえ、そんなにうまくいくの?
というのが正直なところだと思います。

では、この「賃貸併用住宅」に関して
メリットデメリットという観点で見てみましょう。

一般的にメリットは
新築の自分の思うような部屋を作ることができ、かつ
賃貸用の部屋の入居者から家賃収入を得ることができる。


うまくやれば、ローンを全て入居者が払ってくれる事が可能となる。
自分が住む部屋の割合を51%以上にする事により、住宅ローンを使用できる


 (※住宅ローンは金利が低く、長期間であるため、月々の支払が低くなる。)
 (※更にある銀行では自分の住居割合が1/3以上であれば住宅ローンを適用してくれる所もでてきている。)



逆にデメリットは
どこでも良いと言うわけではない。賃貸需要がしっかりした立地が重要となる。


入居者(他人)と同じ建物で暮らす。(当然部屋は分かれていますが。。。)
入居者が付かなければ収入はない。 収入自体は確約されてない。

などが挙げられるのではないでしょうか。



具体的にどんなモノかは実際にハウスメーカーのサイトを見てみるのが
一番手っ取り早いでしょう。
旭化成ホームズ URL:www.asahi-kasei.co.jp/maison/products/index.html/
三井ホーム URL:property.mitsuihome.co.jp/katsuyou/keiei/product/withrent/withrent.html
ミサワホーム URL:www.misawa.co.jp/heiyou/


おおよそイメージは持てたでしょうか?



どうですか?
どうせ家を建てるなら賃貸併用住宅が良いなと思いました?


でも、これだけハウスメーカー各社がアピールしているという事は
ハウスメーカーや建築会社視点では十分うたい文句になるキーワードとなっていることが言えます。

しかし、賃貸併用住宅を建てた方々全てが満足しているかは
また別の話でしょう。


次に続きます。

賃貸併用住宅に興味

「賃貸併用住宅」
という言葉を聞いてピンとくる方がどの程度いますでしょうか?



Googleで検索するとたくさんヒットします。 
多くがハウスメーカーを筆頭とした建築会社です。



「賃貸併用住宅」とはそもそも何なのか?

簡単に言うと自宅に賃貸用の部屋が付いた住宅の事です。



アパート、マンションとして賃貸する部屋と

自分が住む部屋が同じ建物の中にある住宅です。



私は最近この「賃貸併用住宅」に興味を持っています。



そもそも、何で興味を持ったのかというと



現在、地理的にとっても便利な中目黒に

家賃○○万円を毎月支払って住んでいるわけですが

高い家賃のわりに、とにかく狭い。

 

なので引っ越したいなあと考えているわけですが

なかなか希望の広さで良いリーズナブルな家賃の賃貸物件が見つからないのが現状です。



特に築年数が浅い物件に関してはとても高い。

30万/月ともなると毎日宿泊費を1万円払っているようなものです。



そこで思いついたのが「賃貸併用住宅」を利用すること。



ただ、単純に不動産屋やハウスメーカーがうたっていることに従って建てたら、

おそらく、賃貸収入はあるものの

自分の出費もしっかりと高級賃貸並みに発生するプランで建てられるのがおちだろう。



この賃貸併用住宅を借金は背負うものの、

自分の手だしを無しにして
(貸し出した入居さんに支払ってもらう賃料が月々の返済額をうわ回るという意味)

購入することができれば面白い。というのが狙いです。

次に続く

プロフィール

中目黒のざかさん

Author:中目黒のざかさん
中目黒在住
移動手段は基本チャンリンコ。どこでも(都内なら)チャリでアクセス。
不動産経営をしながらのサラリーマン。2008年11月スタート。

ノマドライフ(中目黒・ニュージーランド・長野)を手に入れるために日々チャレンジング
日々学んだこと、役立つ情報をメルマガ・ブログへアップしています。よかったらどうぞ(^ ^)

メルマガ
一緒に都内ランニングしませんか?
都内にお住まいで 不動産投資、資産運用等を行っている方で 海外へ移住したいと考えている方 これからそのようなことを考えたい方で ランニングを行っている方、 一緒に投資話でもしながら走って汗かきませんか? 興味ある方ぜひ、連絡ください。 
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。